top of page

人が話しているときに丁寧に割り込むときの英語

特に仕事中は、相手が話しているときに急ぎの用があったり、

すぐに伝えなければいけない時に

話に割り込まなければいけない時はあると思います。


英語でも相手に失礼のないように割り込む方法を学びましょう。


①『interrupt』=『割り込む』


『I'm sorry to interrupt』はよく使われるフレーズですが


相手が作業中の時、相手の会話に入り込む時、または相手が会議中に伝言を伝えたい時

など、様々なシチュエーションで使えます。



※相手が会議中など

『I am sorry to interrupt you, but the CEO is on the phone.』

『お取込み中すみません、社長からお電話です。』


※オンラインミーティング中

『I am sorry to interrupt, but I need to go because there is a delivery.』

『すみません、配達が来たみたいなので席を外します。』


※相手が作業中など

『I am sorry to interrupt, but could I ask one thing?』

『作業中すみません、一つお伺いしてよろしいですか。』




この一言が使えるだけで丁寧でプロフェッショナルな印象ですね。

ぜひ使ってみてください。



▽▽▽ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビジネス英会話スクール English Scrum イングリッシュスクラム

〒185-0021 東京都国分寺市南町2-14-6 フラッツ秦201

TEL:050-3557-3966

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー△△△


Comments


bottom of page