top of page

「Speaking of which,」「そういえば/ちなみに」の使い方。

こんにちは。イングリッシュスクラムです!


今日は表題の通り

「Speaking of which,」「そういえば/ちなみに」と

「Speaking of ○○,」「○○といえば、」

の使い方学びましょう。



「Speaking of which,」「そういえば/ちなみに」


I heard that the TOEIC hiring guidelines of our company have changed.

Speaking of which, I got 900 on the TOEIC last month.

当社のTOEICスコアの採用基準が変わったそうですね。

ちなみに私は先月TOEIC900を取りました。



I am going on vacation soon.

Speaking of which, the manager will be on vacation from next week.

私はもうすぐ休暇を取る予定です。

そういえば、ネージャーは来週から休暇に入ります。



「Speaking of ○○,」「○○といえば、」


A: I can't believe that it's already the end of the year.

(もう年末だなんて信じられないなぁ。)

B: Me neither...Speaking of the end of the year, are we having a party?

(そうですね。年末といえば、忘年会は開催するんですか?)


A: It seems like the UK has a new Prime Minister.

(イギリスの新しい首相が決まったみたいですね。)

B: Speaking of the UK, I'm going there next year.

(イギリスといえば、私は来年行く予定です。)



💡似た表現との違いについて💡


「Speaking of which,」と「Speaking of ○○,」

会話の途中で「そういえば、」と

話した内容についてさらに述べる時に使える便利な表現です。


「Come to think of it,」

同様に「そういえば」という意味合いですが、

「その話で思い出したけど」というニュアンスが含まれる表現です。



「By the way,」

同様に「そういえば」という意味合いですが、

今の会話の内容と関係ない話を持ち出すときに使える表現です。



ぜひ使ってみてください!

Comments


bottom of page