top of page

誤解を生むカタカナ英語4つ



ホチキスやコンセントなど、英語で全く伝わらないカタカナ英語はありますが、

英語として存在するが、意味が誤って伝わってしまう簡単なカタカナ英語があります。

今回は4つおさらいします。



①メール

メールは英語で『mail』ですね。


しかし、日本語で使われているメールと意味が異なり


ます。


『mail』は『郵便』という意味です。


その為、『Could you mail me? 』は『(私に)郵送してもらえますか。』

という様に伝わってしまいます。


メールは電子メーとして使われていますので、

電子メールは『e-mail / email』となります。



Could you e-mail me?』=『(私に)メールしてもらえますか。』



②アドレス

日本語でアドレスは、メールアドレスを指すと思いますが、

英語で『address』は、『住所』という意味です。


その為、『Could you tell me your address?』は『住所を教えてもらえますか?』

という様に伝わってしまいます。


メールアドレスは『email address』となります。


Could you tell me your email address?』=『メールアドレスを教えてもらえますか。』




③ノート

『note』には様々な意味があり、『注意する』や『メモをする』などの意味でよく使われます。


Please note that we are closed tomorrow』=『明日は休業となるのでご注意ください。』


日本語の『ノート』は『notebook』というと同じ意味で伝わります。


I bought new notebook.』=『新しいノートを買った。』




④テキスト

日本語でテキストは教科書という意味で使われますが、

英語で『text』は主に『メッセージを送る』をいう意味で使われています。


携帯で送れるメッセージ、またはメールやラインを送るという意味でも使われます。


I will text you soon.』=『すぐメッセージを送りますね。』


日本語の『テキスト(教科書)』は『textbook』というと伝わります。



We don't have enough textbooks for the lesson.』=『そのレッスン用の教科書が十分にありません。』




簡単な違いですが、誤って伝わってしまう可能性があるので気を付けましょう!


▽▽▽ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビジネス英会話スクール English Scrum イングリッシュスクラム

〒185-0021 東京都国分寺市南町2-14-6 フラッツ秦201

TEL:050-3557-3966

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー△△△

Comentarios


bottom of page