top of page

ビジネス英語メール 相手を気遣う『お大事に』

こんにちは。


今日は、相手が体調不良の際などに

気遣いの気持ちを英語で伝える際のメール例をご紹介します。



①I’m sorry to hear that~


『~とのこと、お気の毒です。』

『~と伺って、残念です。』

など、悪い知らせなどに対して

憐れみの表現としてよく使われるフレーズです。



②I hoe you will~

『~を願っています。』

という意味で、体調の回復を願っている際に使えるフレーズです。


『I hope you will get better soon.』

体調が早く良くなることを願っています。



例文

====================================

Dear Tanaka-san,


I’m sorry to hear that you are not feeling well.

Hope you will recover quickly.


Please take care of yourself.


Regards,

Andy


====================================


Dear Andy,


I hear that you’re laid up sick in the bed.

I hope that you have a good rest and get better soon.


Hope we can speak again in the near future.

In the meantime, get well soon!

Regards,

Tanaka

====================================


be laid up =病気で寝ている

have a good rest and get better soon=よく休んですぐに良くなって


====================================


Comments


bottom of page