top of page

【be動詞-否定文】

【be動詞の否定文】


『私は〇〇ではありません。』

『これは△△ではありません。』

と言いたいときに使える文法です。




【be動詞の否定文のシンプルなルール。】


be動詞の後に『not』を付けるだけです。


I am not Japanese.(私は日本人ではありません


He is not my sun.(彼は私の息子ではありません



【be動詞+notの省略】

be動詞の否定文を書いたり喋ったりする際に、

下記のようにbe動詞とnotをくっつけて使うことがあります。


You are not ⇒ You aren't

He is not ⇒ He isn't

It is not ⇒ It isn't

We are not ⇒ We aren't

They are not ⇒ They aren't

I was not ⇒ I wasn't

She was not ⇒ She wasn't


※注意

『I am not』だけは、I と am がくっついて『I'm not』になります。



 


【be動詞の後にくるもの】


be動詞の後ろには

(1) 名詞 (2) 形容詞 (3) 前置詞+名詞

のいずれかがきます。





 


【be動詞-否定文-練習問題】

 

①We   family.(私たちは家族ではありません。)

②He   from Australia.(彼はオーストラリア出身ではありません。)

③They   my co-workers.(彼らは私の同僚ではありません。)

④She   at the park.(彼女は公園にいません。)

⑤I   hungry.(私はお腹が空いていませんでした。)

⑥It   delicious.(それは美味しくなかったです。)



《答え》

① aren't ② isn't ③ aren't ④ isn't ⑤ wasn't ⑥ wasn't




▽▽▽ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー▽▽▽

ビジネス英会話スクール English Scrum イングリッシュスクラム

〒185-0021 東京都国分寺市南町2-14-6 フラッツ秦201

TEL:050-3557-3966

△△△ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー△△△

Comments


bottom of page