top of page

【7つのコミュニケーション戦略】YouTube動画解説(Part1&2)とレッスンで使える教材(Part3)



今回は、

「英語コミュニケーションが上手くいく7つのコミュニケーション戦略」

をご紹介します。


 

英語で会話をしている際、


コミュニケーション上の問題が起きることがあります。


それは英語初級の方でも、上級の方でも、同様に起こる事です。


あなたの英語レベルが何であれ、またビジネスの場面でもカジュアルな場面でも、


コミュニケーションの問題が発生することは起こる可能性は十分あります。



たとえば、


「ビジネスの状況」では、

会議で上司の話を聞いているが、上司の使用する英単語が分からないという場合があります。


「カジュアルな状況で」では、

カフェにいて、スタッフの言っている事が正確に聞き取ることができないという場合があります。



あなたのレベルや状況に関係なく、


コミュニケーションの問題は必ず起こるものであるため、


今日ご紹介する「コミュニケーション戦略」がピンチに役に立つことは間違いありません!




この記事では、


  • 英語でのコミュニケーションでやっていい事

  • 英語でのコミュニケーションでやってはいけない事

  • コミュニケーション上で起こる問題と解決方法


をご紹介します。

 



この記事を読んでいただく事で

英語でのコミュニケーションを

今まで以上に上手く行えるようになるでしょう。




このページは、次の通り進んでいきます。

 




 





 <Part 1. 解説> 




まずは英語コミュニケーション上で「やること」と「やってはいけないこと」を見ていきましょう。



 

[やること]


  1. コミュニケーション上で問題が起きていると認識する。

  2. 問題は何なのか理解する  

  3. 正しいコミュニケーション戦略を使う




とてもシンプルで覚えやすいように思えますが、

実際にこれらの手順を実行するには練習が必要です。




次に

[やってはいけないこと]



  1. パニックにならない

  2. 固まらない

  3. 日本語で独り言を言わない

  4. 相手に日本語で話し始めない

  5. スマートフォンですべての文を翻訳しようとしない

  6. 一文一文ごとに誰かに翻訳を求めない




これらを行うと英語でのやり取りが上手く行きませんので、絶対に行わないでくださいね。





 <Part 2. 7つのコミュニケーション問題と戦略> 



次に、最も一般的なコミュニケーション上の問題7つと、


それぞれの問題に対する 7 つのコミュニケーション戦略


を紹介します。




コミュニケーション上の問題を見て、


解決するためにはどんなフレーズを英語で言う事ができるか


みなさんも一緒に考えてみましょう!







まず

1つ目のコミュニケーション上の問題



1.ネイティブスピーカーが話すのが早すぎる



このような問題がおこった場合、

どのようなフレーズを言えば相手に話す速度を下げてもらうことができますか?


<Answer>


コミュニケーション戦略①は次のとおりです



Could you speak slowly, please?

(ゆっくり話していただけますか?)



★「Could you + 動詞 + ,please?」のフォームで相手に何かを頼むことができます。




 



2つ目のコミュニケーション上の問題



2.ネイティブスピーカーがあなたの知らない単語を使った



このような問題がおこった場合、

どのようなフレーズを言えば相手にその単語について聞くことがもらうことができますか?


<Answer>


コミュニケーション戦略②は次のとおりです



What does ○○○ mean?

(○○○とはどういう意味ですか?)



〇に、知らない意味の単語をいれます。


例えば、「enterprise」という単語の意味を聞きたい場合、



What does enterprise mean?

(enterpriseとはどういう意味ですか?)




★「what + dose(doの三人称単数) + 知らない単語 + mean?」のフォームで

知らない単語の意味を相手に聞く事ができます。




 



3つ目のコミュニケーション上の問題



3.ネイティブスピーカーが文の中で難しい文法を使用した



このような問題がおこった場合、

どのようなフレーズを言えば相手に簡単な文法で言い換えるように頼むことができますか?


<Answer>


コミュニケーション戦略③は次のとおりです



Could you rephrase that, please?

(言い換えていただけますか?)





★「Could you + 動詞 + ,please?」のフォームで相手に何かを頼むことができますね。




 



4つ目のコミュニケーション上の問題



4.ネイティブスピーカーの言葉が聞き取れなかった



このような問題がおこった場合、


どのようなフレーズを言えば相手にもう一度繰り返してもらえますか?


<Answer>


コミュニケーション戦略④は次のとおりです



Could you say that again, please?

(もう一度言っていただけますか?)




★「Could you + 動詞 + ,please?」のフォームで相手に何かを頼むことができますね。





 



5つ目のコミュニケーション上の問題



5.日本語はわかっているけど、それを英語でどう言うかわからない



このような問題がおこった場合、


どのようなフレーズを言えばいいですか?


<Answer>


コミュニケーション戦略⑤は次のとおりです



Let me search a word.

(単語を調べさせていください。)



この場面では、スマホを取り出して

自分では思いつかない単語を一つ検索してみても大丈夫です。


ただし、

「やってはいけないことリスト」の

ルール 5 を思い出してください。



5.) スマートフォンを取り出して、すべての文を翻訳しようとしない。



スマートフォンに頼りすぎると、

良い対話ができず、コミュニケーションがうまくいかなくなります。



したがって、このコミュニケーション戦略⑤ では、

単語がどうしても思い出せない場合は、

携帯電話を使って検索するのは問題ありませんが、

基本的に会話中のスマートフォンの使用には気を付けましょう。



★「Let + me + 動詞 」のフォームで、あなたが何かをして完了するまで相手に待ってもらうことができます。




 



6つ目のコミュニケーション上の問題



6.返答を考える時間が必要



このような問題がおこった場合、


どのようなフレーズを言えばいいですか?


<Answer>


コミュニケーション戦略⑥は次のとおりです



Let me think for a moment.

(少し考えさせて下さい。)




このコミュニケーション戦略では、

相手に言いたいことを考えるまで待つように伝えています。



ただし、5 秒ほど考えてから、もう一度相手に何かを言う必要がありますね。



「やってはいけないリスト」の

ルール 2 を思い出してください。



2.) 固まらない。



このフレーズを言ってから、彫像のように完全に静止してしまうと、

相手が居心地が悪くなり、コミュニケーションは上手く行きません。



したがって、固まらず対話を続ける準備ができるまで、

必要に応じてこのコミュニケーション戦略⑥を何度も使用してください。



★「Let + me + 動詞 」のフォームで、あなたが何かをして完了するまで相手に待ってもらうことができます。






 



最後

7つ目のコミュニケーション上の問題



7.完全に会話の内容を見失ってしまった



このような問題がおこった場合、


どのようなフレーズを言えばいいですか?


<Answer>


コミュニケーション戦略➆は次のとおりです



I'm afraid that I'm a little confused.

(すみませんが、少し混乱しています。)




「I am afraid that ~」というフレーズは、

相手によくないニュースを伝えるときに使う事ができます。



何が起こっているのかまったく理解できないために、

会話を再開してもらいたい時、丁寧に相手に伝えることができる最善の方法です。



このフレーズを言った後、さらに対話を軌道に戻すために、

すぐに他の 6 つのコミュニケーション戦略のいずれかを使用しましょう。




★「I'm afraid that + (文章). 」のフォームで、

 「恐れ入りますが、すみませんが」のように丁寧に相手にお願いをすることができます。




 




発音もチェックしたい方は

YouTube動画をご覧ください。↓









 <Part 3. スピーキングアクティビティ> 


ここからは、講師と一緒に行う事ができるアクティビティです。


下記の教材を講師と一緒に使えるようになっていますので

英会話のレッスンを受けている方は、ぜひご活用ください。




 

<はじめに / Before you start>


このアクティビティは、講師 1 名と受講生 1 名による 60 分間のプライベートレッスン用に設計されています。ただし、講師1名と受講生 6 名の90分間のグループレッスンでも使用できるように変更できます。

This lesson is designed for a Private Lesson with one teacher and one student with a duration of 60 minutes.

However, this lesson plan could be creatively modified for use in a group of up to six students and one teacher, with a duration of 90 minutes.



受講生の方へ:

講師といくつかのスピーキングアクティビティを行い、講師がフィードバックをくれます。

To the student: 

When you meet with your teacher, do these Speaking Activities. 

Then, your teacher will give you feedback. 



講師の方へ:

次のリンクにあるビデオを宿題として割り当てます。 レッスンに参加する前に必ずビデオを視聴してください。

To the teacher: 

Assign the video at the following link for homework. Make sure that they have watched the video before they come to the lesson. 






< レッスンの流れ / Lesson Flow >



  1. Controlled Practice Speaking Activity 1 (10 minutes)

  2. Controlled Practice Speaking Activity 2 (20 minutes)

  3. Free Practice Speaking Activity (30 minutes)



If you have a shorter lesson (40 to 50 minutes), then just complete < Controlled Practice Speaking Activity 2 > and do < Free Practice Speaking Activity >. If you have a 30 minute lesson, do < Free Practice Speaking Activity >.  






1. Controlled Practice Speaking Activity 1 (10 minutes)


<Instructions>


受講生の方:

先生は 7 つのコミュニケーション問題から1つを言います。

3 秒以内に正しいコミュニケーション戦略を答えてください。

For the student:

Your teacher will tell you one of the 7 Communication Problems.

You have 3 seconds to answer with the correct Communication Strategy.




For the teacher: 

Tell your student one of the 7 Communication Problems.

Give them 3 seconds to answer with the correct Communication Strategy.

Although they are listed in order here, please mix up the order to challenge you students.


 

No.1

If the native speaker speaks too quickly, what phrase can you say to make them slow down?

Here is the Communication Strategy:

Could you speak slowly, please?


No.2

If the native speaker uses a vocabulary word that you do not know, what phrase can you use to ask them about that vocabulary word?

Here is the Communication Strategy:

What does ○○○ mean?


No.3

If the native speaker uses difficult grammar in a sentence, what phrase can you use to ask them to rephrase their sentence in a simpler way?

Here is the Communication Strategy:

Could you rephrase that, please?


No.4

If you did not hear the native speaker, what phrase can you use to ask them to repeat their phrase?

Here is the Communication Strategy:

Could you say that again, please?


No.5

If you know the Japanese word in your head, but you do not know how to say it in English, what phrase can you say?

Here is the Communication Strategy:

Let me search a word.


No.6

If you need time to think of your own response, what phrase can you say?

Here is the Communication Strategy:

Let me think for a moment.


No.7

If you are completely lost in a conversation, what phrase can you say?

Here is the Communication Strategy:

I'm afraid that I'm a little confused. 

 





2.Controlled Practice Speaking Activity 2 (20 minutes)


<Instructions>


受講生の方:

先生はあなたに質問しますが、意図的にコミュニケーションの問題を引き起こします。

適切なコミュニケーション戦略を使用して、質問を理解して回答してください。

For the student:

Your teacher will ask you a question, but he or she will intentionally cause a Communication Problem. Use the appropriate Communication Strategy to understand and answer the question.



For the teacher: 

You will ask your student a question, but intentionally cause a Communication Problem. Listen to your student for the appropriate Communication Solutions as they try to understand and answer your question.



 

Any question you can think of is fine, but here are a few you can use if you do not have time to create some yourself. If you do create your own questions, make sure that they are questions your student can reliably answer. Also, the difficulty of the question can be on a graded level, with "Easy, Harder, Hardest", and depending on your student, you can decide which one to use.


1)

Easy: Do you have a pet?

Harder: Do you possess a domesticated animal?

Hardest: Have you welcomed a non-human member into your household as part of your family dynamic?


2)

Easy: Do you like to travel?

Harder: Do you enjoy exploring new destinations?

Hardest: Have you developed a passion for immersing yourself in diverse cultures through travel?


3)

Easy: What is your favorite food?

Harder: Which cuisine do you find most appealing?

Hardest: Have you cultivated a palate for gastronomic delights from various culinary traditions?


4)

Easy: How do you spend your weekends?

Harder: What activities do you typically engage in during your leisure time?

Hardest: Have you structured your weekends to include a balance of relaxation and productivity?


5)

Easy: What is your favorite book?

Harder: Which literary work resonates with you the most?

Hardest: Have you delved into the depths of philosophical discourse within the pages of timeless classics?


6)

Easy: What do you do for work?

Harder: What is your occupation?

Hardest: Have you pursued a vocation that aligns with your personal values and aspirations?


7)

Easy: Where are you from?

Harder: What is your country of origin?

Hardest: Have you maintained a strong connection to your cultural heritage and roots?


8)

Easy: Do you like sports?

Harder: Are you interested in athletic activities?

Hardest: Have you cultivated a deep appreciation for the physical and mental challenges of competitive sports?


9)

Easy: How many languages do you speak?

Harder: In how many languages are you proficient?

Hardest: Have you attained a level of fluency in multiple languages that enables you to engage in nuanced and complex conversations?


10)

Easy: What is your favorite movie?

Harder: Which film do you consider to be a cinematic masterpiece?

Hardest: Have you explored the realm of cinematic artistry through films that transcend conventional storytelling?


11)

Easy: Do you enjoy cooking?

Harder: Are you passionate about culinary creations?

Hardest: Have you honed your culinary skills to the point where you can create exquisite dishes that tantalize the taste buds?


12)

Easy: What is your favorite hobby?

Harder: Which leisure activity brings you the most joy?

Hardest: Have you cultivated a hobby that not only provides entertainment but also enriches your life in profound ways?


13)

Easy: Do you like to listen to music?

Harder: Are you a fan of musical artistry?

Hardest: Have you developed a discerning ear for music that allows you to appreciate the nuances of different genres and styles?


14)

Easy: What is your favorite season?

Harder: Which time of year do you prefer?

Hardest: Have you embraced the unique characteristics of each season, finding beauty and inspiration in the ever-changing cycle of nature?

 





3. Free Practice Speaking Activity (30 minutes)


<Instructions>


受講生の方:

先生と30分間会話します。 先生があなたに質問します。 できる限りコミュニケーション戦略を活用して、質問に答えてください。 先生の質問に答えた後、先生に質問します。 どんな質問でも大丈夫です!

For the student:

You will have a 30 minute conversation with your teacher. Your teacher will ask you a question. Use Communication Strategies as much as you can to answer their questions. After you answer your teacher's question, you will ask your teacher a question. Any question is okay!




For the teacher: 

You will have a 30 minute conversation with your teacher. First, you ask the student any good question. Make sure that they use the Communication Strategies when there are Communication Problems. After they answer your question, have your student ask a question. Give them feedback only on their usage of Communication Strategies.

Of course, if you want, you can make a list of new words or phrases that they do not know, for later review.







 


レッスンはこれで終了です。お疲れでした!



Comments


bottom of page